実践英語は学校英語とは異なる

英語教材で英語が話せるようになる方法

実践英語は学校英語とは異なる

実践英語は学校英語とは異なる一例をご紹介しております。
日本人が何故英語を話せないのか?学校英語と実践英語とは何故異なるのか?
実際に英語を話せるようになった有名人のエピソードや、一般の方の体験談・感想なども含め、「より効率的な英語の勉強方法」を検証していきます。今まで「何をやってもダメだった」という方や「どんな風に勉強したらよいのかわからない」と思っている方、視点を変えてもう一度トライするきっかけになって頂けたら幸いです。
【実践英語は学校英語とは異なる】

以下は受験英語のためにはなるけど、実践英語には遠回りな学習法です。

1.文法で不要な問題を解きすぎている。
(学校英語は不要な問題が多すぎます、例えば時制の書き換えなど。普通に会話をする程度なら、書き換えは必要ありません。ただ、将来英語で論文を書いたり、就いた職種によっては必要になることもあるくらい専門的なものなので)

2.不要な単語をアルファベット順に覚えようとしている。
(使用頻度が多い単語から覚えた方がいいです。わからない単語が出てくるたびに調べるのはNG、頻度が多いものから調べるのがBetter)

3.不要に書く時間が長い。
(長文読解などの問題を延々とノートに書いて時間を無駄にしていませんか?読解を数こなしたほうが力になります)

4.わからない単語が出てくると、すぐに辞書で調べる。
(時と場合によります、何より疲れてしまいます。2.を参照)

前述に多い”不要”という表現。(実践英語の観点で)言い換えると”効率が悪い”ということになります。思えば、大人の世代で考えると中学で3年、高校で3年学んでいます。大学へ行く方は(学部にもよりますが)4年プラスしていることになります。海外での生活期間と考えると、流暢に英語が使えていてもおかしくはありません。

これで話せるようになる!?聞き流し教材の活用法とは。

足りないものも多いことに気づいてる方も多いはずです。

1.話す機会がない。話す練習をしていない。
(学校英語はインプットが中心、そのインプットもテストのためのインプットですから、実践には向かない。しかしアウトプットの練習をすることで話せるようになります)

2.正しい発音を学んでいない、カタカナ発音が身につくため、聞き取れない。
(多くは間違ったイントネーション、アクセント、発音を学んでしまうため、実践英語を聞き取れない。スピードについていけないというコンプレックスが湧いてしまう)

次第に(実践英語を学ぶためには)「ではどういう点を改善していけばいいのか?」が明確になって来ましたね。



英語・英会話を学ぶ目的を明確にする<   >日本人が英語を話せない理由

 英語・英会話を学ぶ目的を明確にする / 実践英語は学校英語とは異なることを知る
 日本人が英語を話せない理由 / 英語学習方法〜こうすれば英語が話せるようになる
 聞き流しの効果 / 洋画を使った英語学習法 / 英語を使う環境を作る方法 / 英語の訳し方、英語はこう訳す
 英語の聞き取りのコツ / 英会話に文法は必要か? / 英会話教材で勉強しても、実践英語で聞き取れない理由
 中田英寿さんが英語を話せるようになった理由 / 英語が話せるようになる教材
 これだけ覚えれば英語が話せるようになる / スピードラーニングの使い方・活用法 / 英語が聞き取れない理由
 英語教材を聞いても話せない理由 /
 サイト・リンクについて
Copyright(C)英語教材で英語が話せるようになる方法 All rights reserved.