スピードラーニングなどの英語教材を聞いても話せない原因・理由について

英語教材で英語が話せるようになる方法

スピードラーニングなどの英語教材を聞いても話せない原因・理由について

スピードラーニングなどの英語教材を聞いても話せない原因・理由についてについて検証、解説していきます。
日本人が何故英語を話せないのか?学校英語と実践英語とは何故異なるのか?
実際に英語を話せるようになった有名人のエピソードや、一般の方の体験談・感想なども含め、「より効率的な英語の勉強方法」を検証していきます。今まで「何をやってもダメだった」という方や「どんな風に勉強したらよいのかわからない」と思っている方、視点を変えてもう一度トライするきっかけになって頂けたら幸いです。
【スピードラーニングなどの英語教材を聞いても話せない原因・理由について】

「聞き流し(『スピードラーニング英語』 等)をやっていれば、話せると思ったのに」

といった理由で挫折してしまっているケースをネット上でよく見ます。

その原因、つまり「話せなかった理由」とは一体なんでしょうか。

聞き流し教材の効果は、実際に聞いた時間に比例します。もちろん個人差や状況も異なりますので、「どれくれい聞けば」ということは一概に言えない類のものですが。

TOEICなどで高得点を出せたり、1万人以上の日本人に英語を教えている講師はこのように言っています。

「リーディング力が上がれば、リスニング力も上がる」

つまり、読む力を鍛えれば、今まで聞きとれなかった英語も、理解できるようになる…といったものです。

実際に、私もやってみたところ、2週間ほどで効果が表れてきました。

今まで聞きとれなかった、理解できなかった英会話・英文が次第に聞きとれるようになってきたのです。

もちろん、聞き流し教材を使い続けながら(聞く力をつけるための練習を続けながら)。というのが大事です。

これは並行作業が肝心であるということを強調しておきたい。

しかも、ここでもう一つ大きなポイントがあります。

「音読」です。

リーディングも音読をすることで効果倍増です。

音読で速く読めるようになったら、リスニング力も比例していると思って下さい。

とかく、教材を売りたいがために「聞き流しだけで話せるようになる」と思われがちで、間違ってはいませんが、大切なのはリーディング、しかも「音読」であるということにもっと着目すべきですね。



英語が聞き取れない理由<

 英語・英会話を学ぶ目的を明確にする / 実践英語は学校英語とは異なることを知る
 日本人が英語を話せない理由 / 英語学習方法〜こうすれば英語が話せるようになる
 聞き流しの効果 / 洋画を使った英語学習法 / 英語を使う環境を作る方法 / 英語の訳し方、英語はこう訳す
 英語の聞き取りのコツ / 英会話に文法は必要か? / 英会話教材で勉強しても、実践英語で聞き取れない理由
 中田英寿さんが英語を話せるようになった理由 / 英語が話せるようになる教材
 これだけ覚えれば英語が話せるようになる / スピードラーニングの使い方・活用法 / 英語が聞き取れない理由
 英語教材を聞いても話せない理由 /
 サイト・リンクについて
Copyright(C)英語教材で英語が話せるようになる方法 All rights reserved.