英語を使う環境を作る方法

英語教材で英語が話せるようになる方法

英語を使う環境を作る方法

英語を使う環境を作る方法についての成功例をご紹介します。
日本人が何故英語を話せないのか?学校英語と実践英語とは何故異なるのか?
実際に英語を話せるようになった有名人のエピソードや、一般の方の体験談・感想なども含め、「より効率的な英語の勉強方法」を検証していきます。今まで「何をやってもダメだった」という方や「どんな風に勉強したらよいのかわからない」と思っている方、視点を変えてもう一度トライするきっかけになって頂けたら幸いです。
【英語を使う環境を作る方法】

「英語を学んだけど、(もしくは学んでも)使うところがない(使う機会がない)」そう思ってる方は多いようです。
それは昔の話。時は流れ・・・今はネット社会。真の意味での国際社会が到来しつつあります。そこですでに皆さんは色んな方法があることにお気づきではないでしょうか。

1.Facebook(フェイスブック)で英語圏の友達とつながる。

2.Twitter(ツイッター)で英語でつぶやいてみる。

3.日記やメモは英語で書いてみる。

4.買い物をするとき、家や車の中にいるときに英語でつぶやいてみる。


等々、数多くの機会(チャンス)があります。そもそも語学は机に向かって学習するものではなかったはずですから。こういう時に聞き流しの英語教材を使うのです。

英語(語学)は習慣です。私たちが話している日本語も、幼い頃を振り返れば・・・

”聞く→やみくもにマネしてみる→意味を知る→正しく使えるようになる”

の繰り返しだったはずです。そしてまた、”失敗しては恥をかき(笑ってごまかし)”してきたはずです。

ところがどうでしょう。英語を学ぶ頃になると、私たちはすでに大人(もしくはそれに準ずる年代)になっています。羞恥心が邪魔してしまうんですね。「間違ったら格好悪いな、どうしよう」というのが先に出てしまう。これではいつまで経っても、どんなに学んでも英語を話せるようにも、使えるようにも、書けるようにもならないでしょう。

せいぜい・・・英語を読めるようになるくらい。

ん!?読める!?読めるなら理解できているではありませんか。特にフェイスブックやツイッター、もしくは海外の英語圏の記事はインターネットでいくらでも読めます。New York Timesなどのニュースサイト(Breaking News etc...)なども毎日読もうと思えば読めるのですから(おまけにあのサイトでは動画がトップページに付随しております:毎日更新)。

『スピードラーニング英語』エブリデイ・イングリッシュ という有名教材を聴いて、ある程度聴く力を養えるようになってきたら、”実践編”へとパソコン(インターネット)を使って旅立つのです。これなら、恥をかく前に堂々と練習(復習・応用)できるではありませんか?教材を使う勉強も大事ですが、この応用が大事なのです。

車の教習所でも同じです。免許を取っても車に乗らなかったらペーパードライバー、つまり”車を使えない人、運転できない人”になってしまうのと同じです。

前述にあるフェイスブックなどにもあるように、実際はテキストや教材に掲載されていない表現が多いです。また、同じ意味合いでも数多くの言い回しがあります。(基本的なところでは、can=be able to, must=have to,など:mustはhave toより強い表現になるのでイコールとは言いがたいですが)どんな言い回しでも対応できるように勉強しておくこと、それが学校英語でも可能なのです。また、わからない表現はネットで調べることもできます。アメリカ英語に多いスラング(俗語)もある程度はネットで検索することもできます。

そういったことを繰り返し行っているうちに、次第に英語脳になってくるわけです。

「社会に出ても使える教科になる!」・・・それならば勉強のモチベーションも上がりますよね!?



洋画を使った英語学習法<   >英語の訳し方、英語はこう訳す

 英語・英会話を学ぶ目的を明確にする / 実践英語は学校英語とは異なることを知る
 日本人が英語を話せない理由 / 英語学習方法〜こうすれば英語が話せるようになる
 聞き流しの効果 / 洋画を使った英語学習法 / 英語を使う環境を作る方法 / 英語の訳し方、英語はこう訳す
 英語の聞き取りのコツ / 英会話に文法は必要か? / 英会話教材で勉強しても、実践英語で聞き取れない理由
 中田英寿さんが英語を話せるようになった理由 / 英語が話せるようになる教材
 これだけ覚えれば英語が話せるようになる / スピードラーニングの使い方・活用法 / 英語が聞き取れない理由
 英語教材を聞いても話せない理由 /
 サイト・リンクについて
Copyright(C)英語教材で英語が話せるようになる方法 All rights reserved.