英語の聞き取りのコツ

英語教材で英語が話せるようになる方法

英語の聞き取りのコツ

英語の聞き取りのコツについての成功例をご紹介します。
日本人が何故英語を話せないのか?学校英語と実践英語とは何故異なるのか?
実際に英語を話せるようになった有名人のエピソードや、一般の方の体験談・感想なども含め、「より効率的な英語の勉強方法」を検証していきます。今まで「何をやってもダメだった」という方や「どんな風に勉強したらよいのかわからない」と思っている方、視点を変えてもう一度トライするきっかけになって頂けたら幸いです。
【英語の聞き取りのコツ】

英語の聞き取りのコツ・・・そんなのあるのか!?ないのか!?・・・あります。

これに関しては、学校英語の弊害(中には優れた先生もいらっしゃるので、一概には言えない部分もあります。誤解なきようお願いします)も一理あると言えます。英語の訳し方のページで解説したように、日本語と英語とでは言語の仕組みが異なるので、同じように訳したり理解しようとすると使えない言葉を学んでいるようになってしまいます。

例えば、こんな英文があったとしたら、どのように理解しますか?

 If you take account of the fact that she only started learning English last year, she speaks the language very well.

ちなみにこれは、「ちょっと英語が苦手だ」という方には、多少時間のかかる文章かも知れませんが、これは英検でいうと大体2級〜準2級レベルの文章です。

このようにグループ分けしてみてはどうでしょう?

 If you / take account of / the fact / that she only started learning / English / last year, / she speaks / the language / very well.

わかりやすくするために、細かく分けてみました。これを日本語的に理解せず、英語そのままで理解するとなると・・・

 もし / 考慮すると / その事実を / 彼女が学び始めたばかり / 英語 / 昨年、/ 彼女が話す / その言葉 / 上手。

これだけでも内容が理解できますよね?このように英語はグループ分けして聞き取ると内容が理解できるようになります。

また、上記の例文はリズムで区切ってはありませんが(理解するための区切りにしております)、英会話は必ずどこかで区切りがあります。その区切りごとで聞き取り、そして(自分の中で構成し)話すという作業につながってきます)元サッカー選手の中田英寿さんは上手なところで区切って話します。だから相手にも伝わりやすいスマートな英語を話すことができるのです。

「聞き流しが良い」と言って、リスニング教材を漠然と聞くのではなく、意識してそのリズムをつかむと、いつの間にか聞き取れるばかりではなく、内容(意味)が理解できるようになってきます。つまり、く英語脳 になってきているというわけです。

日本語には日本語のリズムがあるように、英語には英語のリズムがある・・・その部分を正しく理解することで、優れた学習教材も、それに費やす時間も有効活用でき、上達へ近くなるのです。巷でよく「『スピードラーニング英語』は効果があるよ!」という人はすでに英語脳 になっていて、学習効果が早いです。ちなみに海外在住の(英語が得意な)方に「こういった学習教材はどうなのか?」聞いてみると、「日本人に優しくできていて分かりやすい」という意見が多いです。

そう思えるのは、(すでに海外で英語を習得した)彼らは、英語のリズムを知っているからなのです。逆に日本語解釈で聞こうとすると、いつまで経っても聞き取れず、理解もできず・・・挫折してしまいます。ここが大きなポイントです。

重複しますが、学習教材の正しい使い方、英語独自のリズムを正しく理解することで、短期間でメキメキ上達するようになります。それが英語聞き取りのコツなのです。



英語の訳し方、英語はこう訳す<   >英会話に文法は必要か?

 英語・英会話を学ぶ目的を明確にする / 実践英語は学校英語とは異なることを知る
 日本人が英語を話せない理由 / 英語学習方法〜こうすれば英語が話せるようになる
 聞き流しの効果 / 洋画を使った英語学習法 / 英語を使う環境を作る方法 / 英語の訳し方、英語はこう訳す
 英語の聞き取りのコツ / 英会話に文法は必要か? / 英会話教材で勉強しても、実践英語で聞き取れない理由
 中田英寿さんが英語を話せるようになった理由 / 英語が話せるようになる教材
 これだけ覚えれば英語が話せるようになる / スピードラーニングの使い方・活用法 / 英語が聞き取れない理由
 英語教材を聞いても話せない理由 /
 サイト・リンクについて
Copyright(C)英語教材で英語が話せるようになる方法 All rights reserved.