英語が聞き取れない理由

英語教材で英語が話せるようになる方法

英語が聞き取れない理由

英語が聞き取れない理由について検証、解説していきます。
日本人が何故英語を話せないのか?学校英語と実践英語とは何故異なるのか?
実際に英語を話せるようになった有名人のエピソードや、一般の方の体験談・感想なども含め、「より効率的な英語の勉強方法」を検証していきます。今まで「何をやってもダメだった」という方や「どんな風に勉強したらよいのかわからない」と思っている方、視点を変えてもう一度トライするきっかけになって頂けたら幸いです。
【英語が聞き取れない理由】

あなたは知っていましたか?「日本人には聞き取りづらい音がある」ということを。

例えば、『スピードラーニング英語』を何度も聞いているのになかなか聞き取れない、 という英単語やフレーズはありませんか?

誰でも感じうる英語の悩み…

テキストを見ると簡単な英単語・フレーズなのに聞き取れない
周りの人は聞き取れているのに自分は聞き取れない
自分は英語には向いていないんじゃないか、と落ち込んできた・・・

でもご安心ください!そんな悩みを解決するには、英語特有の周波数を 聞き取れるようにすればいいのです。

 「英語特有の周波数?」

実は日本語は500〜1,000ヘルツ前後の音で構成されています。それに対して英語には2,000ヘルツ以上、
場合によっては1万ヘルツ以上の音が含まれているため、私達日本人には聞き取れない音があるのです!

これが、日本人が英語を聞き取りづらい大きな原因なのです。

※人間の耳が聞き取ることのできる周波数はだいたい16ヘルツ〜1万6000ヘルツぐらいまでと言われています。

基本的に日本人が英語を聞きとれない理由がわかりましたね。だからこそ”聞き流しの教材を繰り返し聞く”ことで英語耳になれるようにしていく習慣が必要な訳です。

ビジネス英語のエキスパートの方の話しですと、「英会話(英語)学習の一定の効果は200時間が目安」ということです。それを境に(個人差はありますが)徐々に上達している感覚がわかってくるそうです。

英会話教材も、「続けられるもの」や「興味を惹く内容」がどれだけ大きな意味を持つのかがわかりますよね。淡々とストーリーが流れていくだけではそのうち飽きてしまうし、ましてや意味がわからなかったら尚更です。聞き流し教材は”英語→日本語”の順で聞けば、音で意味を覚え「なるほど!」と理解できる喜びを得られるようになります。

聞き流し教材のキャッチフレーズである「聞くだけでいいんです」という意味や理由がこういったところにあるというのは理にかなっています。正しい発音(英語の周波数)で流れてくる英語、その英語を聞き続けることによって、(継続が大事です)聞き取れるようになってくるのです。

思えば、学校英語の場合、発音が間違っている(周波数が日本語のままの英語)を聞いていることが多かったわけですから、聞き取れることができないのは当然といえば当然です(※中には素晴らしい発音の先生もいらっしゃいますが)

あまり難しいことはなく、聞いているうちにその(英語の)周波数に慣れていく…そのために聞き流し教材はあると考えれば納得です。



スピードラーニング英語の使い方・活用法<   >英語教材を使っても話せない理由

 英語・英会話を学ぶ目的を明確にする / 実践英語は学校英語とは異なることを知る
 日本人が英語を話せない理由 / 英語学習方法〜こうすれば英語が話せるようになる
 聞き流しの効果 / 洋画を使った英語学習法 / 英語を使う環境を作る方法 / 英語の訳し方、英語はこう訳す
 英語の聞き取りのコツ / 英会話に文法は必要か? / 英会話教材で勉強しても、実践英語で聞き取れない理由
 中田英寿さんが英語を話せるようになった理由 / 英語が話せるようになる教材
 これだけ覚えれば英語が話せるようになる / スピードラーニングの使い方・活用法 / 英語が聞き取れない理由
 英語教材を聞いても話せない理由 /
 サイト・リンクについて
Copyright(C)英語教材で英語が話せるようになる方法 All rights reserved.