洋画を使った英語学習法

英語教材で英語が話せるようになる方法

洋画を使った英語学習法

洋画を使った英語学習法についての成功例をご紹介します。
日本人が何故英語を話せないのか?学校英語と実践英語とは何故異なるのか?
実際に英語を話せるようになった有名人のエピソードや、一般の方の体験談・感想なども含め、「より効率的な英語の勉強方法」を検証していきます。今まで「何をやってもダメだった」という方や「どんな風に勉強したらよいのかわからない」と思っている方、視点を変えてもう一度トライするきっかけになって頂けたら幸いです。
【洋画を使った英語学習法】

元プロテニスプレーヤーの杉山愛さんがこの方法で習得したとテレビで聴きました。その順序とは、

1.英語音声、日本語字幕で観る。
(この段階、方法は聞き流しのパターンと似ています。意味がわからないというのはストレスになりますし、辞書を調べる習慣がある我々日本人にとっては解消される良い方法です)

2.英語音声、英語字幕で観る。
(第2段階、英語のリスニングに慣れ、英語を英語で理解するための方法。この段階で瞬発力、適応力が養われていきます)

3.英語音声、字幕なしで観る。
(ここまで来るとエキスパートまであと一息。洋画のセリフは意外に早いものです。ニュース・ラジオも早いですが、洋画の場合は俗語なども多く登場するので、そこまで理解できたらかなりのもの)

というものでした。
(※()内の説明文は当サイトの解釈です)

最近ではDVDを借りてみると、この設定をセレクトできるものも多くなってきましたよね。
(中にはないものもあります、ご注意を)
この機能を最大限に活用しましょう。

ちなみに、杉山愛さんは同じ映画をこのパターンを使って繰り返し、繰り返し、100回以上は観たそうです。英語(語学)は量を浴びてみることが大切のようです。

外国人の前でも堂々と自分の意見を話してみたい。 CNNやBBCのニュースをいち早く知りたい。映画を字幕なしでみてみたい。そんなあなたの長年の夢がこれで叶います!

【お気に入りの映画、好きな映画なら続けられる効果が】

スポーツ選手でも、英会話の教師を雇って学ぶ方もいらっしゃいますが、遠征が多いスポーツ選手の場合、その経費も膨大なものになってしまいます。杉山愛さんのようなテニスプレーヤーのケースでは、こういった洋画(映画)学習法が理に適っているとも言えますね。

それは日々忙しく働いていて、尚スキルアップを志しているビジネスパーソンの方々でも同じことが言えると思います。DVD・CD・ipod・携帯電話・PC(インターネット)などを有効活用して、「日常に英語を溶け込ませる、習慣づけて身につける」という方法が日本に居ながら可能になるわけですから、”自ら環境を作る”ということがどれほど大切か理解できます。

とはいえ、最初からこの方法は初心者には難しいかも知れないので、聞き流し教材などである程度(聞き取り)能力を養ってから行うことをオススメします。

そして、ネット通販(DMM.com アマゾン など)で比較的安価で入手できる好きな映画を一つ(何度も)続けて観ることで英語をある程度習得し、次に様々な映画を観ることで、何通りものパターン・場面ごとの使い方を学んで行くことができます。何事も無理せず、段階を踏むことが大切ですね。



聞き流しの効果<   >英語を使う環境を作る方法

 英語・英会話を学ぶ目的を明確にする / 実践英語は学校英語とは異なることを知る
 日本人が英語を話せない理由 / 英語学習方法〜こうすれば英語が話せるようになる
 聞き流しの効果 / 洋画を使った英語学習法 / 英語を使う環境を作る方法 / 英語の訳し方、英語はこう訳す
 英語の聞き取りのコツ / 英会話に文法は必要か? / 英会話教材で勉強しても、実践英語で聞き取れない理由
 中田英寿さんが英語を話せるようになった理由 / 英語が話せるようになる教材
 これだけ覚えれば英語が話せるようになる / スピードラーニングの使い方・活用法 / 英語が聞き取れない理由
 英語教材を聞いても話せない理由 /
 サイト・リンクについて
Copyright(C)英語教材で英語が話せるようになる方法 All rights reserved.