英語・英会話を学ぶ目的を明確にする

英語教材で英語が話せるようになる方法

英語・英会話を学ぶ目的を明確にする

英語・英会話を学ぶ目的を明確にする一例をご紹介しております。
日本人が何故英語を話せないのか?学校英語と実践英語とは異なるのか?
実際に英語を話せるようになった有名人のエピソードや、一般の方の体験談・感想なども含め、「より効率的な英語の勉強方法」を検証していきます。今まで「何をやってもダメだった」という方や「どんな風に勉強したらよいのかわからない」と思っている方、視点を変えてもう一度トライするきっかけになって頂けたら幸いです。
【英語・英会話を学ぶ目的を明確にする】

英語を学ぶ目的は、大きく分けると次の3点になります。

1.受験英語をマスターして志望校に合格する。

2.英語で日常会話を話せる程度になりたい(旅行・趣味等)。

3.ビジネス英語をマスターして仕事に活かしたい。

有効的に時間と労力を使える!英会話教材活用法。

実際、2.や3.は勉強方法が共通していますが、1.だけは大きく異なるということを理解しておく必要があります。その理由はというと・・・

受験英語(学校英語)の場合は、コミュニケーション能力(聞く・話す)よりも、試験能力(読む・書く)という能力が問われる範囲が大幅に占めている(リスニングテストもあるので、共通する部分も当然ありますが)ので、文法力・語彙力が重要視される傾向にあります。答えが定められているので、文語調が主体となるケースが多い(会話問題は別として)。

同じ受験英語でも、TOEICや英検などの試験の場合は、ちょうど中間的な位置づけになると思われます。そういった場合は対策テキストで学ぶことが中心となってきます。現在ではリスニング問題対策のCDなども市販されていますので、充分及第点をクリアすることが出来ます(管理人もそれらを数回活用して、リスニング問題はほぼパーフェクトでした)

日常会話やビジネス英語は、リスニング・スピーキングがまず重要になってきます。いわゆる”聞き取る能力”、”話す能力”です。まずは、”聞き取る力”を養うことが重要で、それから”話す力”を伸ばしていくという形になります。

更に、ビジネス英語の場合は、E-mailの書き方や内容も必要になってきますので、実践的な英語の総合力を学ぶようになっていきます。とはいえ、最初から「ビジネス英語を!」となってしまうと、(苦手な人は特に)つまずいてしまうので、まずは初級編から取り組んでいきましょう。

英語を学ぶ上で重要なのは、”見栄を張らないこと”です。ちょっとでも「不安だな・・・」と思う要素があれば、基本へ立ち返る勇気も時は必要です。学生時代などに「英語の成績は良かった」という人ほどつまずきやすいので、気をつけましょう。逆に、年配の方や、あまり学んだことのない初心者の方のほうが素直に取り組めるので、習得・上達が早かったりもします。



ホーム<   >実践英語は学校英語とは異なることを知る

 英語・英会話を学ぶ目的を明確にする / 実践英語は学校英語とは異なることを知る
 日本人が英語を話せない理由 / 英語学習方法〜こうすれば英語が話せるようになる
 聞き流しの効果 / 洋画を使った英語学習法 / 英語を使う環境を作る方法 / 英語の訳し方、英語はこう訳す
 英語の聞き取りのコツ / 英会話に文法は必要か? / 英会話教材で勉強しても、実践英語で聞き取れない理由
 中田英寿さんが英語を話せるようになった理由 / 英語が話せるようになる教材
 これだけ覚えれば英語が話せるようになる / スピードラーニングの使い方・活用法 / 英語が聞き取れない理由
 英語教材を聞いても話せない理由 /
 サイト・リンクについて
Copyright(C)英語教材で英語が話せるようになる方法 All rights reserved.