日本人が英語を話せない理由

英語教材で英語が話せるようになる方法

日本人が英語を話せない理由

日本人が英語を話せない理由をいくつかご紹介しております。
日本人が何故英語を話せないのか?学校英語と実践英語とは何故異なるのか?
実際に英語を話せるようになった有名人のエピソードや、一般の方の体験談・感想なども含め、「より効率的な英語の勉強方法」を検証していきます。今まで「何をやってもダメだった」という方や「どんな風に勉強したらよいのかわからない」と思っている方、視点を変えてもう一度トライするきっかけになって頂けたら幸いです。
【日本人が英語を話せない理由】

以下は日本人が英語を話せない理由・原因と思われるものです。

1.英語を話そうとしない。
(話す練習をしない、そういう環境にいない。普段から”英語で考える習慣”がないと、いざという時には当然口から出てきませんよね。それは日本語や他の言語でも同じだと思います。海外在住すると話せるようになるのは、そうせざるをえないからというのが大きな理由です。)

2.話せないと思い込んでいる。
(ええ?と思うかも知れませんが、中学校で学んでいる英語力でも日常英会話が充分話せます。まずは基本からマスターするが近道なのです)

3.発音や文法で苦手意識が出てしまう。
(リスニング力不足からくる発音の苦手意識からです。発音記号で覚えた方は、リスニングもスピーキングもかなりのレベルに達している方が多いですが、学校でのカタカナ発音ですと、どちらも上達が遅い・・・ということになってしまいます)

4.単語だけ覚えていれば話せると思っている。
(間違ってはいませんが、熟語や慣用句になると意味が変わるものも多いです。単語だけ知っていて話す勇気のある方であれば、どんどん上達していくものですが)

5.学校教育では読む、書くが中心で、聴く、話すがほとんどない。
(学校英語は試験英語です。コミュニケーション能力を育むには、従来の英語教育プラスアルファが必要です)

6.聴き取る時、後ろから訳そうとする。
(学校英語の弊害です。後ろから訳す習慣がついてしまうと、英字新聞や雑誌、書籍を読む上で、読解するのに時間がかかってしまいますし、話す・聞き取る能力は当然身につきません)

7.正しい発音を知らない。
(正しい発音を知らないから、当然聞き取る力も身につきませんし聞き取れません。間違った発音を学んでいると、別の言語にさえ聞こえてしまうことがあります。私たち日本人の最大のネックの一つとも言えます)

以上、ザッと挙げるだけでもこれだけの間違いがあります。後は”英語を話せるようになる方法”をたどっていけば良いだけです。さてこれからが本当のスタートです。



実践英語は学校英語とは異なる<   >英語学習方法〜こうすれば英語が話せるようになる

 英語・英会話を学ぶ目的を明確にする / 実践英語は学校英語とは異なることを知る
 日本人が英語を話せない理由 / 英語学習方法〜こうすれば英語が話せるようになる
 聞き流しの効果 / 洋画を使った英語学習法 / 英語を使う環境を作る方法 / 英語の訳し方、英語はこう訳す
 英語の聞き取りのコツ / 英会話に文法は必要か? / 英会話教材で勉強しても、実践英語で聞き取れない理由
 中田英寿さんが英語を話せるようになった理由 / 英語が話せるようになる教材
 これだけ覚えれば英語が話せるようになる / スピードラーニングの使い方・活用法 / 英語が聞き取れない理由
 英語教材を聞いても話せない理由 /
 サイト・リンクについて
Copyright(C)英語教材で英語が話せるようになる方法 All rights reserved.